シグマがミラーレス専用「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」を発表

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シグマがLマウント、Eマウント向けのミラーレス専用望遠ズームレンズ「SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」を発表しました。発売は8月27日、価格は19万8000円となっています。

SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports(Lマウント用)

シグマはこれまで、レンズラインナップとして「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Sports」と「150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary」という2ラインのレンズを発売してきましたが、同じ焦点距離、F値でデジタル専用設計にした「150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports」を開発しました。

Sportsラインということで光学設計を追求したモデルですが、同社の山木社長は、既存のレンズの光学性能の評価が高かったことから、光学性能は向上させずにコンパクトさを優先させ、Contemporaryラインとして開発する考えだったそうです。ただ、シグマのエンジニアは光学性能に改良の余地があると主張し、さらなる向上を目指したそうです。

レンズはFLDガラス4枚、SLDガラス2枚を含む15群25枚構成。FLDガラスは蛍石とほぼ同じ特性ということで、こうしたガラスの採用が画質向上に繋がっているといいます。MTFチャートでは、特に600mmでさらに優れた性能を示しており、光学設計者は「600mm出単焦点レンズの性能を実現したいと考えた」とのことで、特にコマ収差、非点収差、倍率色収差の抑制に注力したそうです。

近接撮影機能も強化。ジュライは最短でも260cmでしたが、今回はワイド端(150mm)で58cmという最短撮影距離を実現しました。テレ端(600mm)では280cmですが、近距離の被写体をワイド端で撮影するときに便利になっています。

 150-600mm F5-6.3 DG DN OS150-600mm F5-6.3 DG OS HSM  | Sports150-600mm F5-6.3 DG OS HSM  | Contemporary
レンズ構成15群25枚 FLD×4、SLD×216群24枚 FLD×2、SLD×314群20枚 FLD×1、SLD×3
画角16.4-4.1°16.4-4.1°16.4-4.1°
絞り羽根9枚(円形絞り)9枚(円形絞り)9枚(円形絞り)
最小絞りF22-29F22F22
最短撮影距離58-280cm260cm280cm
最大撮影倍率1:2.9(焦点距離180mm時)1:51:4.9
フィルターサイズφ95mmφ105mmφ95mm
最大径×長さφ109.4×263.6mmφ121×290.2mmφ105×260.1mm
質量2100g(三脚座込み)2860g1930g

Sportsラインなので、シーリングやレンズ前玉の撥水・防汚コーティングによって様々なシーンでの撮影に対応。ステッピングモーターのAFアクチュエーターに加えて高精度磁気センサーを搭載することで、フォーカスレンズの移動量が多い場合でも正確な位置決めを可能にして、によって高速・高精度・静粛なAFを実現しました。

光学式手ブレ補正は約4段分。カスタムモードスイッチを使用して、撮影用とにあわせた手ブレ補正の設定が可能だとしています。

新たにズームトルクスイッチも搭載しており、S(スムーズ)、T(タイト)、L(ロック)の3種類を設定可能。ズームリングが簡単に動くスムーズ、回転トルクが重くなってレンズが自重で動かないタイト、ズームをワイド端でロック、というように使用できます。また、AFロックボタンは3つあり、Eマウント用ではカスタム設定が可能です。

これで、シグマのフルサイズミラーレスカメラ用超望遠レンズは、「100-400mm F5-6.3 DG DN | Contemporary」に続いて2本目。軽量なライトバズーカの100-400mmに対して、1kgほど追加重量はあるものの、600mmまで対応可能な今回の新製品。従来のContemporaryライン並みのコンパクト設計ながら高画質化を図るなど、シグマらしい新製品です。

タイトルとURLをコピーしました