85mmで悩む日々

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Lマウントレンズが少しずつ増えています。なぜか主力のパナソニック、シグマ、ライカ以外のレンズを買っていますが、そろそろ主力レンズが欲しいところ。シグマのDC DNシリーズ3本や85mm F1.4 DG DNが欲しくてしょうがないのですが、パナソニックがレンズロードマップを公開して以来、その製品発表を待っていました。

パナソニックのレンズロードマップ(2020年11月時点)出典:パナソニック

この単焦点シリーズ4本は、サイズや形状が共通したものとして記載されていましたが、いよいよ11月に最初のLUMIX S 85mm F1.8が発表されました。シグマの85mmと比べてみたのが下の表です。ついでに、クロップで似た画角になる56mm F1.4 DC DN | Contemporaryも入れてみました。

85mm F1.4 DG DN | Art56mm F1.4 DC DN | ContemporaryLUMIX S 85mm F1.8
レンズ構成11群15枚(SDLガラス5枚、
非球面レンズ1枚)
6群10枚(SLDガラス1枚)8群9枚(EDレンズ2枚)
焦点距離(35mm判換算)85mm84mm85mm
画角28.6度28.5度29度
開放絞りF1.4F1.4F1.8
最小絞りF16F16F22
最短撮影距離85cm50cm80cm
最大撮影倍率0.12倍0.13倍0.13倍
フィルター径φ77mmφ55mmφ67mm
絞り羽根枚数11枚円形絞り9枚円形絞り9枚円形絞り
最大径×長さφ82.8mm×94.1mmφ66.5mm×57.5mmΦ73.6mm×約82.0mm
重さ630g285g約355g
価格120,000円62,700円81,400円

実売でいうと85mm F1.4 DG DNは11万円程度、56mm F1.4 DC DNが47,000円程度、LUMIX S 85mm F1.8が74,000円程度といった感じです。並べてみると、最もコンパクトで安価な56mm F1.4 DC DN、最も大きく高価な85mm F1.4 DG DN、その中間のLUMIX S 85mm F1.8となります。

85mm前後という画角が必要であるなら、56mm F1.4 DC DNがとても手軽です。しかし、どうせならもっと高画質を、と考えると85mm F1.4 DG DNが良さそうにも思えます。しかし、LUMIX S 85mm F1.8が出て、よりコンパクトである点は魅力です。

もちろん性能も大事です。さすがにレンズを奢っているのが85mm F1.4 DG DN。各レビューを見ても期待以上の写りという印象。もちろん、LUMIX S 85mm F1.8に対してF1.4という開放F値の差も重要な点です。

MTF曲線は以下の通りです。

単純に性能だけで考えれば85mm F1.4 DG DNでしょう。LUMIX S 85mm F1.8は、今後登場する3本のレンズでサイズが共通、フィルター径も共通というのは面白いメリットです。DC DNシリーズ3本も、サイズこそ違いますが、トータルのデザインは共通。

はてさて、どのレンズを買うべきか。悩ましいところです。どれも買う?という選択肢は、さすがにないですよね、ええ。

そういえば、パナソニックのLUMIX S 85mm F1.8は、サイズ的には標準ズームレンズの「LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6」とも近いサイズになっています。このズームレンズも確実に便利ですしコンパクトなんですよね……こちらもフィルター径がφ67mmというのも見逃せないところです。

LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

F1.8シリーズの中では、24mm F1.8も気になるところです。どうでもいいことですが、現在EFマウントアダプターであるFotodioxの「EF-LT-FSN」を使っていたりします。これにキヤノンの「EF28mm F1.8 USM」を装着することもあるのですが、これを入れ替えられる気がしています。同レンズは非常にコンパクトですが、マウントアダプター経由だとそれなりの大きさになります。

ミニレポート:SIGMA fp用にFotodioxのEFマウントアダプターを購入 シグマ純正と迷ったポイントや、実際のAF動作を紹介
「世界最小・最軽量」と聞くと、どんなものでもつい欲しくなってしまうのが人情というものだが、シグマが2019年10月に発売した「SIGMA fp」は、フルサイズセンサーを搭載したミラーレスカメラとして世界最小・最軽量だ。これはもう買うしかない。
LUMIX S 85mm F1.8LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6LUMIX S 24mm F1.8(?)EF28mm F1.8 USM+アダプター
レンズ構成8群9枚(EDレンズ2枚)9群11枚(非球面レンズ2枚、
EDレンズ3枚、
UHRレンズ1枚)
9群10枚
焦点距離(35mm判換算)85mm20-60mm24mm28mm
画角29度94度~40度75度
開放絞りF1.8F3.5-5.6F1.8F1.8
最小絞りF22F22F22
最短撮影距離80cm15cm~∞(W端~焦点距離26mm) / 40cm~∞(T端)25cm
最大撮影倍率0.13倍0.43倍(焦点距離26mm)0.18倍
フィルター径φ67mmΦ67mmφ67mmφ58mm
絞り羽根枚数9枚円形絞り9枚円形絞り7枚
最大径×長さΦ73.6mm×約82.0mmΦ77.4mm×約87.2mmΦ73.6mm×約82.0mmφ73.6mm×84.6mm
(φ73.6mm×55.6mm)
重さ約355g約350g約429g(約310g)
価格81,400円81,400円
EF28mm F1.8 USM+アダプターの丸括弧はレンズ単体

表にまとめてみると、おおむねEF28mm F1.8 USM+アダプターよりもコンパクト。こうなると、トータルバランス的にパナソニックのレンズでまとめたくなりますが、やはり画質面で85mm F1.4 DG DNも諦めがたいですね……

というわけで、今しばらく迷うことになりそうです。

タイトルとURLをコピーしました