今日のつぶやき

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • カメラ付きジンバルでカメラ部が取り外せるFeiyu Pocket 2Sって、ちょっと面白そう。っていうか、これはいつ発表されたんだろう? 英語リリースは今日の日付だけど……
    まずはIndiegogoでのリリースなのね。… https://t.co/wff4sU6Aku 23:24:44
  • 楽天スクリーム、AIによる行動パターン分析技術を用いた運用型の新広告プロダクト「RMP – SQREEM Ads」を提供開始 | 楽天グループ株式会社 https://t.co/GSF7Nq6pJW 16:18:42
  • 親子向けセミナー「学校では教わらない お金の勉強」を開催します!|東京メトロ https://t.co/Tm59p0ZHxe 15:02:58
  • メモを取りながらプレゼン画面をキャプチャしていると、ウィンドウ切り替えをミスって、肝心のスライドが撮れずにメモ画面を撮ってしまっていることがよくある。 14:07:29
  • 「ご視聴いただきまして(ブツッ)」。終わり方w 14:01:04
  • ちょっと前に、今日も登壇した信川さんに関連するインタビューをしていたので参考までに。
    AI与信と改正割賦販売法で変わること – Impress Watch https://t.co/4wIsKRJC5c in reply to surblue 14:00:12
  • 「安心安全に使うことを重視。我々の基準の与信で使ってもらって、みたされるようならその先、与信金額などを含めて検討していきたい。」 in reply to surblue 13:59:14
  • その与信枠でニーズを満たせる?「資金の使途やニーズは利用者によって千差万別。限度額の金額自体もメルカリの行動情報に応じて変動。ニーズと与信が完全にマッチするケースとしないケースがあるだろう。」 in reply to surblue 13:59:00
  • メルペイスマートマネーの出金手数料は?「口座に振り込み申請をして出金する場合の手数料は徴収しない。」 in reply to surblue 13:56:39
  • 「挑戦のひとつとして、単純に融資する観点だけでなく、返済の仕方でメルカリ出品だったり、支払いしやすさを含んだサービス提供なので、より多くの人が使ってもらえるのではないか。」 in reply to surblue 13:53:50
  • ニーズは?「メルペイスマートマネーのリリースに先立って、メルペイスマート払いを提供していて、こちらのニーズは非常に高いと実績から感じていた。これを拡張する形で、キャッシュレス以外でも利用できるので、同様に使ってもらえるシーンはより広がるのでは。」 in reply to surblue 13:53:43
  • 審査時間は?「信用情報機関に紹介を行うので営業時間内であれば数分内に結果が出ることもありえる。個人情報がCICと一致しないケースなど一部では、審査スタッフが目で見て住所や勤務先の審査を行うので、プラス何日か時間をもらうケースもある。」 in reply to surblue 13:53:17
  • 返済月なら自由に変更可能?「返済月の期間内であれば何度でも返済額と期日は自由に変更できる。月末を過ぎると支払期日が過ぎたので延滞扱い。利用月の範囲内なら何度変更しても信用情報に傷が付くことはない。」 in reply to surblue 13:52:40
  • 虚偽申請は?「貸金業では、メルカリでの利用実績の情報を与信判断の軸としているので、これまでの利用実績などが必要になる。ある程度履歴を積んでもらう必要があるので、それで虚偽申請に対応したい。」 in reply to surblue 13:51:59
  • 信用創造ではない?「資金移動業者として、預かった資金を法律に基づいて保全。貸し付けの原資とはしない。いわゆる信用創造には該当しないと認識」 in reply to surblue 13:46:28
  • 「メルカリShopsもあるが、今後進んでいけばその後で利用状況を見ながら判断したい。」 in reply to surblue 13:45:55
  • 質疑応答。事業者向けは?「メルカリの個人ユーザー向け。消費者向けのみ。事業者向けは現時点で決まった事実はない。今までもスマート払いもそうだが、メルカリで行動する、メルペイを使う行動情報を元に与信しているので、実際に使ってもらって行動情報がたまるのが重要。」 in reply to surblue 13:45:49
  • 「このノウハウを返済シミュレーションなどの貸金サービスの機能開発にも活用。資金をサポートしてより計画的に利用してもらえるサービスを提供。」 in reply to surblue 13:45:18
  • 「メルペイとして安心安全に利用してもらうために、メルカリメルペイの利用データをリアルタイムに近い形で利用すること適切に与信する。分かりやすくサービスを利用してもらうためのUI/UXは長年アプリの提供で磨き上げてきた。」 https://t.co/V9GwUqRFDt in reply to surblue 13:45:10
  • 「理解が十分でない可能性は、貸金サービスの利用で注意すべき事柄のコンテンツを提供予定。返済計画の立て方や信用情報機関への情報提供の仕組みなど、分かりやすく伝える取り組み。」
    こういうのは学校で教えるべきだよな。 https://t.co/z6GHJcb75Q in reply to surblue 13:44:39
  • 「返済に困っている人への対応窓口。返済が一時的に困難になることは起こりえる。有人デスクで支払い条件の変更に柔軟に対応したい。スマート払いで、コロナ影響で収入減少の人を変更した実績もある。相談体制を拡充して対応。」 https://t.co/kxHHbff9Jk in reply to surblue 13:44:06
  • 「延滞を抑制するために重要なのが返済の柔軟性。柔軟に変更する機能を提供で、キャッシュフローの変更に対応し、意図しない延滞を防ぐ。クレジットカードのキャッシングやカードローンだと月々の返済日、返済金はお支払い月に入ると変更できないことが多いので弊社の特徴。」 in reply to surblue 13:43:46
  • 「返済計画の透明化。返済シミュレーション機能がある事業者もあるが、全員が利用しているわけではない。しょうがし方式を採用したことで、毎月の返済額と融資額で合計した利息金額をシミュレーションした結果を全員に提供。借りすぎの防止になる。」 https://t.co/LD0K8zgvgr in reply to surblue 13:43:29
  • 「少額融資は極度型が一般的だが、証書貸で、総量規制のチェック。他社を含めた借入が大きく変化することを念頭に置いた。極度方式でも法令で定められたサイクルで与信枠を設定することはできるがタイムラグもあって完全ではない。」 https://t.co/sz3k8zMAwx in reply to surblue 13:43:12
  • 「貸金サービスは、過去に多重債務が問題になったので、一歩踏み込んだ対策が必要。貸金の課題として、返済能力以上の利用が発生しうる。契約後に意図せず収入減少、支出増で。返済のために複数の事業者から借り入れて債務が膨れてしまう。多重債務… https://t.co/VRfBDa1JR2 in reply to surblue 13:41:15
  • 「AIによる与信モデルの改善や安心してもらえる機能の提供で、実績として99%以上に返済してもらえている。17年6月のリリース時は、2万円の上限でトライアルアンドエラーしてきたが、現在は30万まで上げた。」 https://t.co/4AyUAKzjRi in reply to surblue 13:36:07
  • 「売上金を返済に実際に利用しているのは48.2%。売上金を保有しているかどうかで延滞率を比較すると、2/3の水準。この機能が延滞を抑制する効果がある。そうした情報を与信に反映することで与信枠の適正化を図ってきた。」 https://t.co/7F1wgLNgob in reply to surblue 13:33:57
  • 「利用の使いすぎの防止を図っていきたい。利用後の利用代金の精算方法は、引き落とし、コンビニ払い、売上金払いも選択可能。売上金払いが特徴のひとつ。」 in reply to surblue 13:33:38
日記
スポンサーリンク
#へなちょこにライティング をフォローする
へなちょこにライティング
タイトルとURLをコピーしました