日本マイクロソフト、月例セキュリティ更新プログラムを公開

日本マイクロソフトは毎月提供しているセキュリティ更新プログラム(月例パッチ)を10日に公開した。すべて、危険度の大きさを表す最大深刻度が2番目の「重要」の脆弱性となっている。すでに悪用が確認されている脆弱性もあり、対象となるユーザーはWindows Updateなどからパッチを適用する必要があるだろう。

――【レポート】日本マイクロソフト、月例セキュリティ更新プログラムを公開 | パソコン | マイコミジャーナル