KDDIがシェア3割を達成

電気通信事業者協会(TCA)は7日、3月の携帯電話・PHS契約数を発表した。春商戦を制したのはわずかな差でソフトバンクモバイルとなり、11カ月連続の純増数首位を維持した。ソフトバンクは2007年度の純増数で首位を達成、KDDIは3,000万契約を突破した。

――2008年3月の携帯電話契約数 – 春商戦は順調、KDDIがシェア3割を達成 | 携帯 | マイコミジャーナル

タイトルとURLをコピーしました