Googleの鼻歌検索は機械学習で実現

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GoogleのAndroidスマートフォンに搭載された検索アプリやGoogleアシスタントには鼻歌検索が搭載されています。これは、音声検索ボタンを押して鼻歌を歌うだけで、該当する楽曲を検索してくれる、というものです。

鼻歌検索を実現するのは困難を極めた、とGoogleのシニア プロダクトマネージャーであるクリシュナ・クマール氏は語ります。それを実現するために、鼻歌を機械学習で数列に変換し、ライセンス提供された元曲を数列化したものと照合することで実現しているそうです。

詳細は以下のツイートにまとめています。

ほかのサービスでは、元曲のハミング版とユーザーの鼻歌を照合する例が多かったそうで、そのため楽曲データベースが限られていたと言います。それに対して、今回のGoogleのサービスでは元曲そのまま(の数列)をマッチングさせるため、データベースが膨大になるのが利点だとしています。

メロディそのものを数列化して照合するため、ピッチや音程などが変わってもある程度マッチングは可能ということです。ちなみに、鼻歌のサンプルは色々なソースから集めたそうですが、その中でドネーションプログラムもあったそうです。

タイトルとURLをコピーしました