ドコモの1Q決算は減収増益、スマートフォンがさらに拡大

NTTドコモは29日、2011年度第1四半期の決算を発表した。売上高は前年同期比3.9%減の1兆473億円、営業利益は同11.3%増の2,677億円で減収増益。売上の減少を営業費用の削減でカバーした形で、純利益も同11.7%増の1,587億円と拡大した。携帯電話では、スマートフォンの販売が拡大してパケットARPUを押し上げ、音声ARPUを逆転している。

――ドコモの1Q決算は減収増益、スマートフォンがさらに拡大 | 携帯 | マイコミジャーナル

タイトルとURLをコピーしました