今日のつぶやき

  • あれ、LINE Payでいつの間にこんな国の切り替え機能が搭載されてたのか。 https://t.co/bkqscQJkd0 23:17:46
  • 「メルカリ」での「メルペイスマート払い」利用で最大3%還元キャンペーン開催 〜「メルペイあと払い」を「メルペイスマート払い」に名称変更〜 https://t.co/iI5nhnNKs0 18:35:00
  • おしまい。 17:56:35
  • TX2、地味そうだけど、使いやすくなるといいなー。
    パナソニックLUMIXのファームウェアと関連アプリが更新 – デジカメ Watch https://t.co/uUt0AdolXx 17:47:57
  • 「反省もしているけど萎縮はしていない。……なかなかいい言葉ですね。ますます思い描いたビジョン、新年は微動だにせず、しっかりと進めていく。」 in reply to surblue 17:46:43
  • 「上場時期を慎重に見た方がいいのでは、というのは最近思い始めている。グループの中には利益を出し始めた会社もたくさんある。利益が目前という会社もたくさん。彼らが意志決定をし、サポートする。来年、再来年に複数社が出る方向性は変わらない。」 in reply to surblue 17:34:48
  • 「質問はあと二人」の司会の声に孫さんは「まだ大丈夫。今日は不満な人が一杯いるだろうし」 17:33:38
  • 「反省点は大いにあるが、天下に恥じるようなことはない。」 in reply to surblue 17:32:58
  • 「私に対してのガバナンスは、SBGの取締役には恐ーい柳井さんがいて毎回怒られている。ほかも、僕がほとほと疲れ果ててしまうぐらい、ほぼ全員から責め立てられた。小さく萎縮している、反省している。」 in reply to surblue 17:29:42
  • 「大切なこと、逆に言うと経営者が実現性の半分ぐらいの要素になると思っている。アントレプレナーへの評価の物差しは重要。それにしても今回は見誤った。言い訳なし、反省している。」 in reply to surblue 17:29:26
  • 「少なくともVFはアーリーステージには原則投資しない。ユニコーンへのと牛を中心にしているので、物差しはつけやすいはず。実績がある程度ないと判断しない。実績があれば数値の判断がしやすい。最後は創業者の実力を、どれだけ実行できると見なすかは、どうしても主観が入らざるをえない。」 in reply to surblue 17:28:55
  • WeWorkのように、SB自体にガバナンス問題は?
    「アダム・ニューマンに惚れ込みすぎたのは反省している。企業の価値の唯一最大の判断はFCF。将来のビジネスプランに対するFCFだから、どれだけ実現できる可能性を持っているか。ここはどうしても主観が入る。」 in reply to surblue 17:28:04
  • 「VF1は投資期間は終了。15%前後は残すルールがあり、85%の投資が終わった。それが先月。そのため、ファンド2のシードラウンドとして、準備段階として投資が始まりだしている。他の投資家は鋭意折衝中。総論では、VF2は予定通りしっかりスタートさせる。粛々と始まる。」 in reply to surblue 17:22:27
  • 他の投資先にも同じ問題が?「アダムに過大な評価。同じような懸念はたくさんある。これからも色んなものが出てくる。犬の散歩とかね。逆に安く買えたものも出てくる。」 in reply to surblue 17:19:11
  • 「唯一批判されていないのは、プロダクトが悪いという批判はほとんど聞こえてこない。」 in reply to surblue 17:18:28
  • 「10名のうち5名をSBG/VFで抑える。あとは独立の構成メンバー。創業者の権利は一気に剥奪。ガバナンス問題を解決した。」 in reply to surblue 17:17:33
  • 取締役会4/9の指名権をアダムが持つとか、アダム個人と会社の取引が度を超えたようなものがたくさん見受けられたとかなど、そこそこ普通にやばいガバナンスの問題。 in reply to surblue 17:17:17
  • WeWork問題の反省。「価値を高く見過ぎたのが反省その1。その対策として財務パッケージで調達価格の単価を1/4に下げた。2番目はガバナンス。創業者のアダム・ニューマンが多くの権利を持ちすぎていた。」 in reply to surblue 17:14:38
  • 「数年後、年間1ビリオンぐらいのEBITDAを出せるのではと内部的な予想を立てている。マルセロを送り込んで、経営の詳しい分析に入り出したばかり。」 in reply to surblue 17:06:46
  • Squareがやけに高い。 https://t.co/RyM1oU7yKX 17:06:27
  • 「最初に投資するとき、このことについての期待値が非常にあってマネジメントともに語り合ったが、彼らは実行できずにいた。多くのAI企業に投資しているので、総力戦でAIの技術、ノウハウを、応用編として、半年、1年後に組み入れていきたい。テストしながら進めていく。」 in reply to surblue 17:06:27
  • 質疑応答。WeWorkって単なる不動産業じゃ。「今日の説明はベーシック編。大赤字、沈みゆくWeWork(財務的に)をどうやって再建するかの基礎編。これが無事に進み行く中で徐々に応用編を入れたい。さまざまにAIを使った部分、コミュニ… https://t.co/mArMkYPOal in reply to surblue 17:06:14
  • 「決算はボロボロ、株主価値は史上最大。私から見れば、「大勢にまったく異常なし」。ビジョンに、戦略に変更なし。このまま粛々と前に進むのが決意。」 in reply to surblue 17:02:33
  • 「純有利子負債に対する保有株式率は17%。健全な範囲。株価は大いに下がって9兆円になったが、株主価値は史上最大に伸びている。00年のネットバブルのピークを上回る、史上最大の株主価値を出している。」 in reply to surblue 17:02:26
  • 「AI革命はまだ始まったばかり。ここを追わずして何を追うのか。」 in reply to surblue 16:58:52
  • 急にAI。 16:58:08
  • 「反省し、新たに学習した。投資先のサポート方針は、投資先の財務はあくまで独立採算で、救済するようなことはしない。今回は事情があったが、これで終わり。例外はもうしない。これを明確に言いたい。」 in reply to surblue 16:54:12
  • 「立派にWWの価値は上がる。それにしても高く買いすぎたので、調達価格を事実上1/4に洗い替えをした。投資家としてのソフトバンクの目線。」 in reply to surblue 16:44:33
  • 「結果を見て批判していただきたい。難しい経営の再建をしてきたが何度となく成功させてきたという自負がある。今回もそのように行く。シンプルなロジック。新規を止めて熟すのを待つ。利益が出たら、今度は増加させるときは健全な利益を保ったまま、その範囲で徐々に加えていく。」 in reply to surblue 16:44:26
  • 「何も発明しなくても、特別なことをしなくても、新規ビルをストップすれば熟しておいしい果実に生まれ変わる。答えは、時間が解決してくれる。」 in reply to surblue 16:41:11