Android Payに日本のカードが登録可能に?(追記)

以下はGoogleアカウントを米国アカウントとして設定した場合です(2016/07/13 19:22 追記)

日本のおサイフケータイのように、NFCを使った非接触決済(コンタクトレス)が、iPhoneやAndroidスマートフォンで利用可能になっています。iPhoneの場合はApple Pay、Androidの場合はAndroid Payというサービス名で、クレジットカードを端末に登録し、決済端末に近づけるだけで支払いができるため、使い方としてはおおむねおサイフケータイと変わりません。

サービスを利用するためには、クレジットカード(の発行会社)がそれぞれのサービスに対応する必要があります。現在、米国をはじめとした一部地域でサービスが可能になっており、各国で対応するクレジットカードを持っている場合、スマートフォンにカードを登録すれば、世界中のNFC決済対応端末で支払いができます。

Apple PayもAndroid Payも、サービス自体はクレジットカード会社が提供している同様のNFC決済サービスに相乗りしています。マスターカードのMasterCardコンタクトレス(旧称PayPass)、VISAのpayWaveといったものがありますが、基本的に仕組みは同じです。

タップ&ペイからAndroid Payを選択すれば、おサイフケータイ的な使い方ができます。
タップ&ペイからAndroid Payを選択すれば、おサイフケータイ的な使い方ができます。

さて、AndroidスマートフォンでAndroid Payアプリを起動すると、クレジットカードの登録が可能です。この辺の話はここで少し書いています

ここで、日本で発行されたクレジットカードを登録しようとすると、当然、サービスに非対応のため、カード登録ができません。…以前までは。

英国でのサービスインの頃から、日本発行のクレジットカードが登録できるようになっています。カード番号や有効期限などを入力し、日本の住所を設定して登録すると、なぜかあっさりと利用可能になってしまいます1

これは、どうも米Bancorpによるバーチャルプリペイドカードサービスの影響のようです。非対応のクレジットカードはBancorpプリペイドカードとして認識されているようなのです。

登録されたカード。バーチャルアカウント番号は実際の番号とは別の番号になっており、この番号がカード番号として、決済時に店舗などに通知されます。

いずれにしても、日本のクレジットカードがAndroid Payでも利用できる状態になりました。問題は、実際に使えるかどうかです。カード自体はBancorpと全く関係ありませんので、推測通りであれば、実際には使えないはずです。

NFC決済は、海外ではかなり使える店が増えていますが、日本では使える場所が限られています。有名どころでは沼津漁港函館朝市がありますが、ほかにもIKEA Tokyo-Bay(旧:IKEA 船橋)やイクスピアリがあります。さらにマクドナルドが一部店舗で実験的にNFC決済対応を進めています。鈴木淳也氏の記事に詳しいですが、このほかにも、マクドナルド新横浜駅前店や成田空港内のマクドナルドでもNFC決済に対応しています。

 

マクドナルド新横浜駅前店の決済端末。右側のリーダーにpayWaveとPayPass(マスターカード・コンタクトレス)のアイコンがあり、こちらでAndroid PayやApple Payが利用可能です
マクドナルド新横浜駅前店の決済端末。右側のリーダーにpayWaveとPayPass(MasterCardコンタクトレス)のアイコンがあり、こちらでAndroid PayやApple Payが利用可能です

ちなみに、マクドナルドでNFC決済を利用する場合は、「NFC Payで」と言ってみると通じるかもしれません。店員が決済端末を操作する際に、画面に「NFC Pay」の文字が表示され、それを押せばリーダーがNFCを待ち受けるようになっているからです(IKEAのセルフレジも同様にNFC Payボタンを押せば使えます)。店員によっては全く通じない人もいますが、上記のマクドナルドはNFC決済を探し歩く面々が試しているので、それに応対したことのある店員であれば使い方は分かるはずです。

さて、Android Payに日本のクレジットカードが登録できるようになったことは早い段階で気付いていて、COMPUTEX TAIPEI 2016のために訪れた台湾や、日本でもIKEA、マクドナルドで試していたのですが、予想通り、利用はできませんでした。スマホ上ではAndroid PayのNFC決済は終了していますが、実際の決済処理ができないパターンです。

決済に失敗した後に出てきたレシートには「G12」のエラーメッセージ
決済に失敗した後に出てきたレシートには「G12」のエラーメッセージ

動作やエラーメッセージを見る限りは、クレジットカードのオーソリで失敗しているようですが、問題がなんなのかは分かりません。まあ、そもそもカードがAndroid Payに対応していない、ということでしょう。なんの面白みもないですね。まあ、試すことが大事です。

現在、Android Payは米国、英国、シンガポールでサービスを開始しています。これらの国で発行された対応のクレジットカードを持っていれば、Android Payに登録して日本でもNFC決済を試すことができます。それこそ、Bancorpのプリペイドカードが日本人も使えるかもしれません(調べていません)。

さて、Apple Payの日本でのサービス開始は秋以降とされていますが、あまり乗り気な声は聞こえてきません。とはいえ、同時期にAndroid Payも(Samsung Payも)始まれば、少しは決済できる場所も増えるかもしれません。どちらかというと、日本発行のクレジットカードをApple/Android/Samsung Payに登録できるようになって海外で使えるぐらいがメリットで、日本のユーザーにはそれほど恩恵はないでしょう。

そもそもAndroidであればiD/NFC、MasterCardコンタクトレス、payWaveがすでに使えますし、国内ならおサイフケータイでいいでしょう。iPhoneユーザーが今さらおサイフケータイ的なサービスに興味を持つとは思えませんが、MVNO利用者への訴求になるかもしれません。ただ、少なくともNFCで改札は通れるようにはなりません(ムリです)。とはいえ、使える店舗が増えれば、2020年に向けての外国人旅行者へのサービスにはなるでしょう。

  1. なお、Googleアカウントを米国アカウントして設定しておく必要があります(2016/07/13 19:22 追記)