LINE Payカードを使おうとしたけれど

LINEが提供している決済サービスの「LINE Pay」。プラスチックカードを使ってリアル店舗で支払いができる「LINE Payカード」の発行が開始され、特に使ってはいなかったのに、一応発行してみました。

最近はやりのプリペイド型の電子マネーサービス。クレジットカードと同様に店頭で支払いを行えるのが特徴となっており、入金(チャージ)はLINEアプリ経由で行います。クレジットカードや銀行口座経由のチャージが行え、最初に設定はいくつかあって手間ではありますが、その後のチャージは簡単に行えます。パスコードの設定はできますが、セキュリティ的には甘いので、スマートフォンの紛失・盗難時にはご注意を。

 

LINEアプリからアクセスできるLINE Payカード
LINEアプリからアクセスできるLINE Payカード

さて、発行以来特に使わずに放置していたLINE Payカードですが、韓国の銀行と提携して外貨両替サービスを開始しました。ちょうど、韓国に行く用事があったため、これは試してみようと思い立ったわけです。

前準備としては、まず銀行口座をチャージ用に設定しておきます。クレジットカードでもいいはずですが、リリースの説明だと銀行口座連携をしておけば韓国でもチャージができるとありますので、一応。もともと三菱東京UFJ銀行でオンラインバンキングができる環境だったので、これ自体は簡単に終わりました。

続いて、外貨両替するためにマイナンバーの登録が必要になります。これは法律で決まっているそうなので、今回はマイナンバー通知カードをスマホで写真に撮り、それをアプリ内から登録しました。顔写真も必須ということで、通知カードの場合は運転免許証などの登録も必要でした。

出発直前の夜中にこれらを設定して早朝に空港に出発。韓国には11時前に到着しましたが、マイナンバーの認証が終わったのは15時過ぎでした。機械的な認証ではなさそうです。

いずれにしてもこれで準備は完了しました。ここからさらに、「外貨両替」の登録が必要です。これは簡単にできますが、両替できるのはそこから24時間のみなので、その時間が過ぎたらまた外貨両替の登録が必要になります。

あとは、提携している新韓銀行のATMに行ってLINE Payカードを挿入して画面の指示に従えば、現金が引き出せる、ということのようです。空港などで両替するよりもレートがいい、というのが売りのようで、今後利用可能な国が広がれば使いやすくなりそうです。

本来、ここでLINE Payカードを実際に使って現金を引き出してみるはずなのですが……ちょっと韓国内でトラブルが発生して、ATMを探す余裕がなかったため、結局試せずじまい……。

仕方ないので、最後に空港の免税店で通常のプリペイドカードとして支払いをしてみました。韓国ではLINEもそれなりに普及している(特にキャラクターは人気のようです)ので、店員さんはLINE Payカードを知っていそうでした。

支払い自体は、普通にクレジットカードと同様に済みました。すぐさま、LINE内のメッセージで日本円の引き落とし額が通知され、このあたりは分かりやすくていいですね。


ところで、LINE Payカードはプリペイドカードなので、通常はクレジットカードと同様に使えますが、プリペイドだけに使えない場所もあります。その代表がガソリンスタンドでしょう。

ガソリンスタンドは、クレジットカードの決済時に一般的な店舗とは異なる動作をします。具体的には、いったん、1円の決済処理を行って、クレジットカードの有効性を確認する、などのオーソリゼーション(オーソリ)と呼ばれる処理が走ります。

プリペイドカードは、こうした処理に対応していません。そのため、ガソリンスタンドではカードの有効性を確認できず、カードの利用が弾かれてしまいます。au WALLETカードでは、出光興産のガソリンスタンドでの利用に対応しましたが、これはまだ一部ですので、まだガソリンスタンドでは使えないことが多いでしょう。

 

LINE Payカードを使用
LINE PayカードをGSで使用

実際に使ってみたところ、やはり利用できませんでした。その後、LINEメッセージとして「1円の処理ができなかった」旨の通知が来たので、やはり1円オーソリが行われたようです(キャプションは撮り損ねました)。出光では試していないので、LINE Payカードが使えるかはまだ分かりません。ほかにはホテルも同様で、月額課金で毎月支払いが発生するような場合も使えない場合が多くなっています。

とはいえ、通常の店舗で、一般的な買い物をする際には日本、海外を問わずに、クレジットカードと同様に使えます。普通のクレジットカードでも十分ではありますが、LINEアプリから残高が確認でき、LINEのメッセージを使って支払い金額などがすぐに分かるなど、LINEアプリをメインに使っている人には使いやすいプリペイドカードでしょう。